MENU
まめやろー
自由気ままに発信するブログ。

月間5万〜10万PVと細々、密かに更新してます。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。
【朝は顔を洗え】朝の洗顔をしなかった結果、、、タップしてね

知らぬ間に始まったAmazonの「ラッシュ便」について調べてみました

こんにちは、まめやろーです。

Amazonの配達に「ラッシュ便」

というのが追加されたのですが、ご存じでしたか?

とある日Amazonでいつものように商品を購入したのですが、

発送日を選択する時に「ラッシュ便」という馴染みのない言葉が見えました。

よくよく配達日を見てみると、

購入した当日に商品が届くそうです。

実際注文してから5時間程度で自宅まで届けてくれました。

しかし、次に購入しようとしても「ラッシュ便」は選択できず、

  • 「いつなら使えるのか?」
  • 「地域の問題なのか?」

など多くの疑問が出てきたので調べてみました。

目次

「ラッシュ便」の詳細

配達にかかる時間

「ラッシュ便」は注文した当日、

または翌日の特定の時間までに届くという配達方法で午前中に注文すれば、

15時までに届いたりと以前のAmazonを思い出すような早さで荷物を届けてくれます。

プライム会員なら無料で当日に届けてくれるのが最大の特徴です。

配達料金

プライム会員は配達料金は無料なので上の表は関係ありませんが、

通常会員の方は上記のような配達料金がかかるそうです。

対象エリア

Amazonの公式サイトを見ると

**ラッシュ便は、本州の一部の地域でのみご利用いただけます。

とそれだけ記載があります。

つまり、どこの場所が対応の地区なのかという情報は全くありません。

悪名高きデリバリープロバイダが届けに来ます

以前に記事でも書きましたが、

配達の融通が利かない悪名高きデリバリープロバイダーさんが届けてくれます。

実際に僕が「ラッシュ便」を使用した時もデリバリープロバイダで、

制服も着ないで私服のような格好のお兄さんが届けてくれました(笑)

いつ「ラッシュ便」を選択できるの?

後日違う商品をAmazonで注文しようとしたところ「ラッシュ便」は選択できず、

いつも通りの「お急ぎ便」と「日付指定」のみの画面しか出てきませんでした。

同じ地域に配送で同じような時間に、

注文しようとしているのにも関わらず「ラッシュ便」は選べませんでした。

公式サイトから答えを見つけることはできませんでしたが、

噂によると

  • 「自宅から近くの倉庫に注文した在庫がある場合」
  • 「当日配達に対応できる配達員がいる場合」

という条件が重なった場合に「ラッシュ便」を選択できるそうです。

まとめ

そもそも「ラッシュ便」は始まったのは2019年の終わりごろみたいなので、

まだサービス開始して間もないです。

だから情報も少なく全然利用することができていないのですが

今後「ラッシュ便」は常に選択できるようになれば、

Amazonの配達遅い問題は完全解決になると思います。

今後ともAmazonの配達のスピードアップに大きな期待をしています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる