Menu
まめやろー
本業をしつつ、副業の雑記ブログを書いて生活をしています。

月間PV、6~8万PVの「Mame yaro.com」を運営しています。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。

「Jelly Comb」の激安マウスを購入したレビュー【激安】

jelly-comb
まめやろー

「Jelly Comb」という激安マウスの使用感が気になる

1ヶ月程度使用してみたリアルな感想、操作性をお伝えします。

本記事のまとめ
  • 「Jelly Comb」のマウスをレビュー・クチコミ
  • 「Jelly Comb」の良いところ・悪いところ
  • 結論・買う価値はあり
目次

「Jelly Comb」のマウスについて

Amazonで新しいマウスを購入しようと考えていた時に、激安なマウスを発見し購入をしてみました。

【関連記事】>>マウスのレシーバーは差しっぱなしで大丈夫?

製造国は中国

「Jelly Comb」のメーカのことを調べてみたところ、生産は中国です。

価格が安いのと中国製なところに正直、不安は感じます。

「Jelly Comb」の特徴

僕がこだわりポイントを全て満たしていたので今回購入しました。

「Jelly Comb」のマウス(B07PWV1KLV)の特徴は、

  • 消音
  • レシーバーがUSB/type-Cの2つ付いている
  • 低価格(1300円)※4月現在
  • 耐久性◎(300万回のクリックに耐えられる)
  • 左右適用
  • 省エネ電力(電池)
  • 購入から1年保証

というものです。

Amazonでの紹介文だけ見たら本当に機能は充実しており、これだけのスペックで1300円程度なら最高のコスパですよね。

「Jelly Comb」のマウスを購入してみたレビュー

実際に「Jelly Comb」のマウスを購入し、1ヶ月程度使用した使用感などのレビューを写真付きで書いていきます。

「Jelly Comb」のマウス

消音性と操作性、使用感は良い

「Jelly Comb」のマウスは消音性はかなり高く、カフェなどでも周りに迷惑かけることなく使用できます。

ホイールのスクロール音も目立ちません。

サイズ感も個人的にはちょうどよく、使用しづらいと思ったことはありません。

Type-Cのマウスレシーバーは珍しい(両方付属)

最近のパソコンは、端子がType-Cになってきています。

しかしマウスのレシーバーはUSB式ばかりです。

しかし「Jelly Comb」のマウスはType-C、USB両方レシーバーが付属しています。

「Jelly Comb」のレシーバーはType-C、USB両方付属

レシーバーは、マウスの裏側に収納されています。

そして単3電池で動くような設計です。

Type-C対応のマウスレシーバーは珍しい

まめやろー

僕はMacBookなのでType-Cレシーバー助かる

Type-Cのレシーバはそこまで大きくない

重量・デザイン

単三電池で動く仕様なので、重さは充電式のものより重さはあります。

個人的にはそこまで重くは感じませんが。

デザインは写真の通りですが、特に変なところはありません。

気になる点で強いていうならば「若干指紋が目立つかも、、」ってくらいです。

結論・買う価値はあり【まとめ】

個人的に欲しかった「Type-Cレシーバー」と「消音」を満たしていて、激安だったので購入してみましたが大満足です。

ヤラセレビューチェッカーで「Jelly Comb」のマウスは「ヤラセレビューあり」って書いてありましたが、物自体は悪いものではなさそうです。

まめやろー

今後も使用してみて故障などの不具合があれば、すぐ追記します

【関連記事】>>マウスのレシーバーは差しっぱなしで大丈夫?

jelly-comb

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる