MENU
まめやろーの画像
まめやろー
自由気ままに発信するブログ。

月間5万〜10万PVと細々、密かに更新してます。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。
給付金の10万円の使い道を真剣に考えてみました クリック

自分の口座間のお金移動を無料でする方法【pring(プリン)】

こんにちは、まめやろーです。

僕は「三井住友」と「りそな」と2つの銀行を持っているのですが、

口座間のお金の移動って振込手数料がかかってしまい「もったいないなー」と感じていました。

 

しかし今回、Pring(プリン)という無料の送金アプリを使うことで簡単に、

自分の口座から自分の他銀行の口座へ振り込み手数料など負担せずお金の移動が可能になります。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
超便利だからぜひ試してみてね

 

pring(プリン) - お金SNSアプリ

pring(プリン) – お金SNSアプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

目次

Pring(プリン)について

まめやろーのアイコン画像まめやろー
そもそもプリンってどんなサービス?

 

僕も全く聞いたことのないサービス・アプリだったのでまずはPring(プリン)についての情報をまとめていきます。

Pring(プリン)のサービス

Pring(プリン)のサービスは簡単に言うと「個人間送金」です。

個人と個人のお金のやり取りが「もっと簡単に簡潔にスマホで完結」するようなサービスになっています。

 

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
素晴らしい!

 

「Pringプリン」というアプリを通すことで他銀行へ手数料など、かからずお金を渡せるので使わない手はありません。

 

友人や恋人とも簡単送金

僕は自分の口座から自分の口座へ送金するときに使っていますが、

Pring(プリン)というアプリさえ入れている人であれば「友人」「恋人・家族」誰でも無料で送金が可能です!

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
振込手数とは無縁になります

 

 

安全?トラブルはない?

今まで半年ほどPring(プリン)のアプリを利用してますが、一度もトラブルになったことはありません。

ちゃんと送金も1円単位間違いなくお金の移動が確認できています。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
ちなみに   カ)プリン という名で振込されるよ

 

 

送金の仕方・手順

実際に「どれだけ簡単に他銀行に送金できるか」をお伝えするために僕の「りそな銀行」から「三井住友銀行」へお金を送金してみます。

 

送金をする前に、Pringに自分の口座を登録する必要があります。

アプリをダウンロードすると「新規口座の登録」がすぐできるのでまず、そちらを行いましょう。

 

まずは「チャージ」をしプリンにお金を預ける

振込手数料をかけず、無料で他口座に送金するには、まずプリンにお金を預けます。

 

手順ですが、まずはプリンの下画面に出ている「チャージする」というボタンを押します。

チャージというのは自分のお金を一度「プリンに預ける」という作業になります。

 

 

 

 

次に「口座からチャージをする」と項目が出てくるはずなので、自分の送金したい送り元の口座を選択します。(僕の場合、りそな銀行を選択)

 

 

銀行を選択すると入金する金額を指定できるので入金したい金額(この画面では661円)を入力し、「チャージをする」を押します。

 

 

 

「チャージをする」を押した後、

「チャージは完了しました」という文字と金額が出てくれば、チャージの作業は終了です。

 

 

 

プリンに預けたお金を他口座に戻す

今プリンに預けたお金を他口座に戻すことにより「無料送金」は完了します。

 

最初のトップ画面の残高表記が今入金した金額になっているはずです。

 

金額の確認ができたら「お金をもどす」というボタンを押します。

 

次は入金先の口座を選択し、いくらを戻したいかを入力します。

 

 

 

「口座にもどす」を押すと出金中となるので、あとは口座に送金されてくるのを待つだけです。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
説明した送金の作業自体は3分あれば全て出来ます。超かんたん!

 

 

入金スケジュール
  • 銀行営業日11時までの申し込みは、当日15時までに送金
  • 銀行営業日11時以降は翌銀行営業日15時ごろに送金

 

注意事項

Pring(プリン)の利用にはルールもあるので、そこを把握したから使いましょう。

対応銀行

メジャーな銀行から地方銀行・ネットバンクと幅広くサービスに対応しています。

 

下に対応している銀行一覧を貼っておきますので、一応確認をしてから利用してください。

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行、福岡銀行、西日本シティ銀行、愛知銀行、阿波銀行、伊予銀行、SBJ銀行、愛媛銀行、関西みらい銀行、北九州銀行、紀陽銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行、滋賀銀行、四国銀行、七十七銀行、親和銀行、常陽銀行、スルガ銀行、千葉銀行、筑波銀行、東邦銀行、八十二銀行、百十四銀行、広島銀行、北洋銀行、北海道銀行、宮崎銀行、武蔵野銀行、琉球銀行

2020年2月19日時点 Pring公式サイトから引用

 

入金・出金の上限金額

入金の上限金額は1日あたり100万円ですが、出金・送金の上限は1日あたり10万円です。

 

「10万円以上の大きな金額は1日では移動できない」のでご注意を。

 

タイムラグ

上にも書きましたが入金のスケジュールというのがあり、

11時までなら当日、11時以降なら翌日に送金されるので、リアルタイムにはお金の移行はできません。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
即反映されないので、どうしても急ぎでお金の移動が必要な人は気を付けてね

 

 

まとめ

Pring(プリン)を知っているか知らないかで高い振込手数料を何度も負担するのは馬鹿らしいと思います。

 

特に難しい登録方法でもないので「自分の口座間のお金の移動」や「友人や家族に振り込む」などの機会がある人は導入を推奨します。

 

僕の取引先の会社の1つで、プリンを使って給料を振り込むところもあるくらいなので「振込手数料」を無くす取り組みは、確実に浸透してきています。

その流れに乗って無料でお金の移動をしましょう!

 

pring(プリン) - お金SNSアプリ

pring(プリン) – お金SNSアプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる