MENU
まめやろー
自由気ままに発信するブログ。

月間5万〜10万PVと細々、密かに更新してます。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。
【大人の男】お気に入りの小物を紹介中! タップしてね

「鬼怒川プラザホテル」の客室風呂はカップルに超お勧め!貸切風呂も最高でした

こんにちは。まめやろー(mame-yaro3)です

去年の10月に東京からアクセスの良い、

栃木県の鬼怒川の鬼怒川プラザホテルへ温泉旅行に行った時の話をします。

ホテルも景色も最高の旅になったのでその感想を写真付きで紹介するのでぜひ見てください。

まめやろーのアイコン画像まめやろー

カップルにも家族でも友達とでもおススメだよ

他の旅行記事

鬼怒川プラザ温泉の予約はこちら

目次

なぜ鬼怒川を選択したか?

「静かで落ち着く場所で温泉を楽しみたい」

と思い彼女を連れて栃木県の鬼怒川温泉まで旅行に行きました。

  • 東京から遠すぎず、アクセスの良い距離
  • 新幹線1本
  • 落ち着いた旅行先(人混みなど)

ばたばたワイワイな雰囲気ではなく、

大自然の中で落ち着いてのんびり静かな環境で過ごしてほしい」

と考え鬼怒川温泉を選びました

鬼怒川温泉への行き方・アクセス

鬼怒川温泉へのアクセスは浅草から鬼怒川温泉駅まで

特急スペーシア」という特急列車で約2時間で都内から車無しでも超簡単に行ける温泉地です。

まめやろーのアイコン画像まめやろー

特急スペーシアは予約をすれば個室もとれるのでカップルにもお子さん連れにも良いかもしれません。

スペーシア 個室
(僕たちは個室ではなく普通に行きました)

片道3500円ほどの交通費だったと思います。

まめやろーのアイコン画像まめやろー

交通費が安い分、ホテルのグレードを上げることができました

鬼怒川温泉駅に到着

鬼怒川温泉駅

かなり空気が澄んでいて、

東京より肌寒かったのを覚えています。

平日ということもあり人も少なく駅前もガランとしていました。

紅葉の綺麗な季節(10月下旬)はかなり混雑するみたいです。

紅葉を楽しみたい方は別ですが、

静かに落ち着いて過ごしたい方は秋シーズンは外した方が良いかと思います。

駅前の足湯

駅前にある足湯広場

観光客や現地の方らしいおばあちゃんが足湯で暖をとっていました。

足湯で10分ほど浸かっただけで肌寒さは無くなり、

ポカポカして気持ちよくホテルまで歩いていけました。

足湯

ホテルまでの道のり・観光

道中に「ふれあい橋」という橋を通りました

ふれあい橋
ふれあい橋

振り返ると鬼の姿が⁉

僕が彼女に「後ろ見てみて」と言って階段を見せると驚いていました。

まめやろーのアイコン画像まめやろー

鬼怒川で有名な橋らしいですがココで遊んでる間、
人ひとり通らなかったのである意味寂しかったです(笑)

鬼の橋
鬼の姿

橋の上からの川の景色。
エメラルドグリーンのような色!

鬼怒川の川
川の色

ホテル到着

20分ほど歩くと宿泊する「鬼怒川プラザホテル」に到着。

hotel mae
ホテルの前

旅行前、下調べした時にホテルの目の前の球体の下には水は張ってあり、

その水は「温泉みたいに温かい

って記事を見た気がしたのですが入ってみたら普通に冷たい水でした。笑 

まめやろーのアイコン画像まめやろー

勘違いかも

ホテル内に入りチェックインを済ますと、

スタッフの方が部屋の中まで丁寧に案内してくれて凄く印象が良かったです。

今回宿泊する部屋は「ビューバス付コーナースウィート ふうわり」を奮発して取りました。

鬼怒川プラザホテルの部屋
ふうわりの部屋内

客室ビューバス温泉には24時間入ることができ、

部屋や浴槽からの鬼怒川の景色を眺めながら身体を癒すことができ本当に最高な部屋でした!

ふうわりからの景色
お風呂からの景色
まめやろーのアイコン画像まめやろー

少し廃墟が気になるけど

※ちゃんと角度も計算されているっぽくて外から覗かれることはないのでご安心を。

そもそも鬼怒川は昼も夜も歩いてる方少ないです。

夜は浴槽内にライトを付けることができ、

ロマンティックな雰囲気を出すこともできます。

ふうわりの景色2

離れの貸し切り温泉「鬼燈亭」

夜は離れの貸し切り露天風呂森のお風呂 鬼燈亭に行きました。

フロントで予約して時間になったら歩いて5分くらいの鬼燈亭へ向かいます。

時間になるまで僕たちはホテル内を探検したり、

お土産コーナー見たり卓球をして汗を流して時間を待ちました

 鬼燈亭
夜の鬼燈亭

最初ホテルに向かう途中に鬼燈亭は実は通ってますが、

雰囲気が変わって少し怖いです。

ビビりなので何人か鬼燈亭に向かう方の後ろを付いていきました。(笑)

鬼燈亭へ

この森の中の隠れ家みたいな雰囲気が個人的に大好きです。

入り口で受付をしてタオルもらっていざ温泉へ!

鬼燈亭へ

二人で入るには十分すぎるぐらい大きさです。


少し泳いだり足伸ばしたりかなり好きなようにくつろげます。

夜風が冷たくて肩より上はひんやり下は熱々。

仕事の疲れが飛んでいく感覚が溜まらないです。

まめやろーのアイコン画像まめやろー

周りへ声がダダ漏れなので、はしゃぎすぎには注意!

鬼怒川プラザでの部屋食

ホテルに帰ってお部屋でゆっくり食事をいただきました。

好き嫌いが多い僕でも美味しく食べることができました。

部屋食以外にも何種類か食事処も用意があるみたいで選択できます。

デザートの甘味も秋にぴったりな柿でした!

ホテルの食事
料理の様子

実は道中ロープーウェイで、

山の上から景色眺めたり猿とじゃれたりもしてます。

下で今回の旅を総括します

鬼怒川温泉の良いとこ

  • 人が少なく、落ち着いて過ごせる
  • 都内からアクセス◎
  • 駅前に無料の足湯
  • 自然を満喫(秋は紅葉が凄い)

大満足なところが多く鬼怒川温泉、

「鬼怒川プラザホテル」を選択して本当に正解でした!

逆にあんまりかもってポイント

個人的にはそこまで気になりませんでしたが、

「気にする方もいるだろうな~」ってポイントをまとめました。

  • 観光地ではあるが、活気はないように感じる
  • 廃墟ばかりで少し怖い雰囲気がある。
  • 観光シーズン(秋)以外は、人も少なく静か。
  • 徒歩圏内に自然以外の観光スポットがない

あくまでも個人的な感想ですが、

まとめるとこんな感じ!

まめやろーのアイコン画像まめやろー

自然好きで落ち着いた雰囲気で過ごすことを希望してる方は、
はまると思います

ぜひ鬼怒川温泉に行ってみてください。

鬼怒川プラザ温泉の予約はこちら

他の旅行記事紹介

富士山一望のラビスタ富士河口湖

オーシャンビューを一望できる客室露天風呂

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる