Menu
まめやろー
本業をしつつ、副業の雑記ブログを書いて生活をしています。

月間PV、6~8万PVの「Mame yaro.com」を運営しています。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。

【比較】アダルト動画の最強の保存先をそろそろ決めようか

男性の皆さんは一度は見たことがあるであろう、アダルト動画。

アダルト動画は一期一会。

その動画の保存先を迷っている方のために、今まで保存してきた場所を比較していきます。

まめやろー

きちんと保存しておかないと、もう2度と出会えないかも

目次

パソコン本体に動画を保存する

パソコン本体に保存

パソコン本体にアダルト動画を保存しておく人が、7割くらいだと思います。

しかしこの方法は超リスキー・危険です。

パソコン本体に保存しておくのが危険な理由は、2つあります。

【破損の可能性】危険な理由①

パソコンの寿命は長くて、5年程度と言われています。

そこまでコロコロ変えるものではないからこそ、危険なのです。

パソコンは機械なので突然、

  • 「電源が付かなくなってしまった」
  • 「動画の再生ができなくなってしまった」

という自体が普通に発生します。

まめやろー

僕はパソコンの故障で失った動画がたくさんありました。

パソコンは急に壊れるものなので、本体に保存は危険。

【簡単に見られてしまう】危険な理由②

どこに保存しても動画を誰かに見られてしまうリスクは0ではありません。

しかし、パソコンへの直接アダルト動画の保存は特に見られてしまうリスクが高いです。

パソコンに詳しい人でなくても、フォルダを開くことは簡単にできます。

なので両親、恋人、友達などに簡単に見られてしまい恥をかく可能性が高いです。

まめやろー

直接保存は避けるべし

HDD・USBに保存する

HDD

外部保存媒体として有名なHDD、またはUSB。

HDD、USBにアダルト動画を保存することで、

  • パソコンが急に壊れる場合
  • 誰かに動画を見られてしまう

というリスクを多少下げることができます。

しかし、それぞれに致命的なデメリットが存在するので解説していきます。

USBメモリのメリット

USBのイメージ画像

USBは見た目の通り、超手軽に持ち運びことができます。

小さくコンパクトなのでUSB自体を隠して動画を見る時のみ、取り出すようにすることができます

まめやろー

値段も、とても安価です

USBメモリのデメリット

USBメモリにアダルト動画を保存しておくデメリットは「保存できるよう容量が少ない」ことです。

動画という性質上、めちゃくちゃ容量を食います。

今の時代、動画は高画質なのでお気に入りの動画を数十本保存しただけで、すぐ容量がいっぱいになってしまいます。

USBメモリでもAmazonで2TBという物もありますが本当に保存できるかは不明。

HDDのメリット

パソコン本体ではなく、外付けのHDDに動画を保存している方もいると思います。

HDDはUSBと違い、大容量のデータは保存ができます。

そして値段もそこまで高価ではないので、手が出しやすいので保存場所としては良いです。

HDDのデメリット

HDDには2つデメリットがあります。

まず1つ目は「物理的に大きい」です。

購入したことがある方はわかると思うのですが、HDDは非常の大きく場所を取ります。

またコンセントも使用するので電源周りにも気を使う必要があります。

2つ目のデメリットは「衝撃に弱い」です。

まめやろー

普通に落とさなくね?

と思っている方、僕もそう思っていました。

しかし僕はHDDを2回落とし大量の宝物(動画)を失っています。

そんなに高い場所から落としたわけでもないですが、普通に故障しました。

HDDが大きい分、隠し場所にも困るのと衝撃にゲキ弱という性質があるのでご注意を。

まめやろー

HDDを業者に復元してもらおうとしたら「20万円かかる」と言われ諦めました。

ポータブルSSDに保存する

SSD

結論を言います。

今まで複数の動画を失ってきた僕が「最強の保存先」と言えるのがSSDです。

まめやろー

動画の保存先としてSSD最強!

ポータブルSSDに保存するメリット

SSDはHDDと違い超小型です。

また動画の移行スピードも高速で、まさに次世代の保存媒体です。

SSDはコンセントを使用しないのと、コンパクトなので隠し場所や持ち運びにも困りません。

いわば、USBの高速&大容量版

またHDDと違い衝撃にも強いです。

僕が使っているSSDは犬に噛まれ変形しまくっていても壊れないそうです。

(Twitterでそんな投稿を見かけました)

SanDisk
¥25,048 (2021/04/24 16:54時点 | Amazon調べ)

ポータブルSSDのデメリット

ポータブルSSDは高額です。

値段だけがデメリットです。

2TBを購入しようとすると2万円程度してしまうのでお財布に余裕がないと買えません。

まめやろー

僕は過去失った動画で味わった悲しみを、2度と体験したくないので買いました

クラウドサービス使用し保存する

クラウドサービス使用し保存する

動画をクラウドサービスに保存する方法も存在します。

しかしオススメしません。

なぜなら「いつサービスが終了するか分からない」からです。

クラウドサービスは提供元の匙加減や環境で

  • 急に動画が消される
  • サービスが終了する
  • ハッキングの可能性

という可能性があるので、大事な動画を預けておくのは不安です。

Googleフォトに保存

最近、SNSで「グーグルフォトにアダルト動画を保存しておく」という人を見かけましたが、危険です。

なぜならグーグルフォトは「アダルト動画のアップロードは禁止」です。

僕も試しにアップロードしてみましたが、確かに禁止されていても動画を消されることはないようです。

しかしいつ消されるかは不明なので、大事な動画ならば避けるのが得策でしょう。

Googleフォトの無制限アップロードは5月に終了しました。

Google フォト

Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

まとめ

一度出会った動画に再び出会えるとは限りません。

一期一会の出会いを大切にするためにも、保存先をどうするかをきちんと考えておきましょう。

まめやろー

故障は本当に突然

何を購入すれば迷う人は「ポータブルSSD」を購入しておけば間違いありません。

価格は多少しますが、未来への投資です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる