Menu
まめやろー
本業をしつつ、副業の雑記ブログを書いて生活をしています。

月間PV、6~8万PVの「Mame yaro.com」を運営しています。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。

Amazonで人気の「GeeMo」ギーモという掃除機を使用してみての感想

こんにちは、まめやろーです。

以前にもAmazonで掃除機を購入し大満足していたのですが、

ついに故障気味になってきたので買い替えてみました。

目次

GeeMo(ギーモ)という掃除機

Amazonで「掃除機」と検索すると、

1番か2番目に出てくる人気?っぽいメーカーです。

値段

今まで3000円のツインバードを使っていて特に不満はなかったのですが、

今までのツインバードと比べるとギーモは1000円近く価格が高いです。

GeeMoギーモは「アメリカ製」

価格が安いので「中国製」を疑っていましたが、

調べてみると「アメリカ製」だそうです。

ギーモはアメリカでは有名メーカーだそうです

レビューも悪くはない

購入前にAmazonのレビューを熟読しましたが、

そこまで悪い評価はありませんでした。

17000Pa 600Wという吸引力は他メーカーと比べても高いそうで、

そこに大きな魅力を感じ購入してみました。

実際使用してみてのメリット・良いところ

geemo1

軽量で持ち運びやすい・吸引力◎

率直に感想を伝えると「軽いのによく吸ってくれる」

今までのツインバードよりコンパクトで圧倒的に軽いので、

扱いやすいです。

まめやろー

女性でも楽々持ち運べる

吸引力も悪くはなく取りこぼしは、ほとんどないです。

1年のメーカー保証込み

元々金額的に安いですが、

この金額でさらに1年のメーカー保証も付いているので、

故障してしまった時でも安心です。

故障があった時はギーモのメールに直接問い合わせをすれば良いそうです

Email:geemo.yf@yahoo.com(ギーモの問い合わせ先)

2WAY式

僕自身は使ってませんが2WAY式なのでハンディとしても、

  • フローリング
  • 壁と家具の隙間
  • 車内やシート
  • ソファー

などにも幅広い場所で使用可能です!

思ってたより音は大きくはないです。

ですが決して静かでもないので、

今まで小音の掃除機を使用していた人は注意が必要かも。

使用してみてのデメリット・気になるところ

価格が安いので大きな声で文句は言えませんが、

多少気になるところがあります。

自立しない・立て掛けておく事が不可

geemo2

このGeeMo(ギーモ)の掃除機は軽量化のためか自力で床に立つ事ができません。

また写真を見ていただければ分かるとは思いますが、

この形なので壁に立て掛けて放置するのも不可能です。

まめやろー

できたとしても非常に不安定

付属品に壁に直接取り付ける「留め具」が付いていましたが、

賃貸の部屋で壁に穴を開けられないので意味はなし!

コードを毎回自分で畳む必要あり

安い掃除機だと当たり前ですが、

ワンタッチで自動でコードを閉まってくれるような機能はありません。

毎回手動でグルグルにコードをまとめてから片付ける必要があります。

まとめ

それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

メリット

メリット
  • とても軽量で扱いやすい
  • 吸引力◎
  • 1年のメーカー保証込み
  • 2WAY式

デメリット

デメリット
  • 自力では立てかけられない
  • コードを自分で巻きつけなくてはいけない
  • 音は決して静かではない

結果的に購入してみて僕と彼女は大満足しています。

あとはデメリットと言うほどではありませんが、

掃除機の横からそこそこ強い温風が吹きます。

ちょっとだけびっくりするかも!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる