MENU
まめやろーの画像
まめやろー
自由気ままに発信するブログ。

月間5万〜10万PVと細々、密かに更新してます。

Twitterをしているのでフォローしていただけると嬉しいです。
給付金の10万円の使い道を真剣に考えてみました クリック

災害時は格安SIMではなく大手キャリアの方が安心!大手と格安系の比較

こんにちは、まめやろーです。

 

みなさんはどこの携帯キャリアを使っていますか?

 

最近は「大手キャリアは高すぎる!」「対応が悪い」などキャリア側を悪く言う意見で溢れていますが、

「大手キャリアには高いだけの理由・サポートがある」ということが分かっていない方が多いと感じています。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
ちなみに僕はau

 

 

具体的に大手キャリアと格安SIMの比較やそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

格安SIMを検討している方はもう一度考えてみてください

 

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
ちなみに僕は災害時の対応などを見ても断然大手キャリア派です

 

目次

大手キャリアのメリットまとめ

  1. 通信速度が速い
  2. 端末の保証や困ったときの対応
  3. 店舗の多さ・初期設定などしてくれる
  4. 災害時の対応
  5. 最新iPhoneが手に入りやすい
  6. 24時間のカケ放題プランがある

 

①通信速度が速い

格安シムは混み合う時間(皆が一斉にスマホを触る時間帯)はネットのスピードがかなり遅くなります。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
特に遅いのは、平日のお昼・通勤電車・帰宅ラッシュの時間だね

 

それと比べて大手キャリアは終日ストレスフリーな回線速度で、ネットを楽しむことができます!

 

端末の保証や困ったときの対応

スマートフォンが壊れた時の保証が大手キャリアの方が格段に充実しています。

 

格安シムでも、もちろん端末の保証はありますが大手キャリアの場合、最短次の日の新しい端末を家に届けてくれる配達のサービスがあったり、

ショップで無料の代替機を貸してくれたりと手厚いサポートが期待できるので困った時いち早い解決が望めます。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
格安シムはお店で端末交換の手続きできないし代替機も有料のところが多いよ

 

 

 

店舗の多さ・初期設定

大手キャリアは至る駅にショップがあります。(ある程度栄えている都市なら)

 

そのたくさんあるショップでアフターサポートまでしてくれるのは、本当に大きな利点ですよね。

 

しかし、格安シムでショップ・店舗を構えている会社は超少ないです。

そして数少ない店舗でも操作説明から初期設定までしてくれるわけではなく基本的には「自分で全部してね」スタイルなのでお店では契約のみしか行ってくれません。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
mineoなどは店も多いけど初期設定は有料だし限られたことしか行ってくれません

 

携帯の保証サービス操作説明などのアフターサービスは、基本的に全てコールセンター経由かインターネットでする必要があります。

 

災害時の対応

格安シムでも大手キャリアでも災害時などの緊急事態に特別な救済対応をしてくれます。

 

こんな風に「インターネットの速度制限を解除して無制限に使わせてくれる」など大きな対応できるのは大手特有です。

 

格安シムでは、ここまでの大きな対応はできません。

混雑して回線スピードが遅くなっしまったりと非常時の対応に少し心配を覚えるかもしれません。

 

最新のiPhoneを手に入れやすい

今はApplestoreでも簡単に手に入りますが大手キャリアなら最新iPhoneを発売日に分割で手に入れることができるのも大きな点かなと思います。

 

 

お金持ちじゃない限り10万円するiPhoneをパッとは買えないですよね。

でも大手キャリアなら分割審査もゆるく簡単に手に入れることができます。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
格安シムでもiPhoneを買えるところはありますが、最新iPhoneを買えるところは大手キャリアしかありません

 

かけ放題の有無

大手キャリア以外の格安シムでも「24時間かけ放題」がある会社は少ないです。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
あるのはQTモバイルやイオンモバイルくらいです

 

あっても格安シムの会社では音質の悪い「050のIP電話」「専用のアプリ」を使って電話をしないと、電話料金の割引にならないことが多いので注意です。

 

大手キャリアなら専用のアプリなど使わずとも高音質な電話ができます。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
「10分かけ放題」だと仕事などでつい長電話してしまい、かえって料金が高くなってしまうことがあるので気を付けてね

 

 

大手キャリアのデメリット

  1. 通信費が格安シムと比べると高い
  2. 2年契約などの契約解除金が設定されている

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
デメリットは2つだけで少なく感じるかもしれませんがこの2つは大きな問題だと感じます

 

通信費の価格

総務省の口出しにより新プランの登場で通信費は安くりましたが、端末の値引きがなくなってしまったので値段は前と変わらないか、むしろ高く感じます。

 

なので普通にスマホを使う人の平均は端末代も含めて12300円。

それに比べて格安シムの月額料金の平均は3459円だそうで3.5倍の差があるみたいです。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
差は大きいね

 

毎月1万円の固定出費があるだけで生活が変わるので「高い」と感じてしまうのも無理はありません。

 

参考記事

[blogcard url=”https://moneyzine.jp/article/detail/216112″]

 

 

契約解除金・いわゆる2年縛り

元々は「2年の自動更新契約を設定することで基本料金を半額にする」という条件のもと基本料金が安くなっているのですが、

2年契約という、ややこしい名前のせいで「2年使えば違約金がなくなる」と勘違いされてて他社に乗り換えようとすると違約金9500円の請求をされた人は多いのではないでしょうか?

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
この事で何回クレームを受けたか分かりません

 

格安シムでは最低利用期間を短めに設定していたり2年の自動更新ではないところが多いので契約自体を辞めやすいです。

逆に大手キャリアは2年に一回の更新期間を待たないと高額な違約金が掛かるので辞め時にも気を使う必要があります。

 

大手キャリアも違約金を1000円に値下げしましたが、旧プランだと違約金はそのまま請求されるケースもあったりするのでご注意を!

僕自身の考え

スマホは困ったときに頼りになるもの。

なくてはならないもの必需品です。

 

困っているのに通信の速度・保障やサポート・災害時に対応に、不安だと最悪死につながることも考えられます。

僕は「自分を守る保険」・ライフラインと考えているので、困ったときに対応力の素晴らしい大手キャリアから離れるつもりはありません。

 

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
とかいいつつお金に困ったら格安シムに変えます

 

それともちろんこれは、オペレーターや店員スタッフにもよりますが格安シムのスタッフはダメダメで対応力・読解力がないことが多いです。

 

大手・格安共に働いたことがあり裏側を知っている僕が言うのでこれは間違いありません。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
もちろん全員が全員じゃないよ。

 

これは教育力の差かなと僕は感じています。

 

大手キャリアはスタッフへの研修もしっかりしていてダメなスタッフには、ちゃんと指導が入ります。

厳しい指導や細かいマニュアルなどもしっかりしています。

 

逆に格安シムではそこまで教育にお金をかけれないのでちゃんと育たず雑なスタッフが多く存在します。

格安シムの会社にいた時、店舗を助けてくれる従業員用のヘルプデスクに問い合わせても「分かりません」という回答が何回も平気で帰ってきて呆れたのを今でも覚えています。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
大手の時は一度もなかったよ。なんのためのヘルプデスクよ、、。

 

現に格安シムのコールセンターの質が悪いという声はどの会社でもよく聞きます。

 

大手キャリアで「コールセンターの質が悪い」と言ってる人は格安シムに変えて問合せをした時に、あまりにひどくて絶句するんじゃないか心配です(笑)

 

ちゃんとデメリットを理解しつつ困ったときに自分で解決できる人が格安シム変えるべきだと悩んでいる人に伝えたいです。

 

まめやろーのアイコン画像まめやろー
皆さんは大手キャリアのサポート?それとも格安シムの通信費の安さ?どちらに惹かれますか?惹かれるほうに変えるのが後悔がないと思います

 



この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる